福岡の小さなアプリ開発会社のマガジン

Apple Developer Programの種類

Apple Developer Programとは、iPhone、iPad、Mac、Apple WatchApp Store、および Safari Extensions Gallery向けのアプリを配信する為に必要なものです。

アプリの開発を行う為にApple Developer Programに登録するわけですが、Apple Developer Programにはいくつか種類があるので、適切なものを選択しましょう。

 

Apple Developer Program

個人として登録

個人デベロッパ向けのアカウントです。個人事業主の方や趣味で作ったアプリをApp Storeにリリースしたい場合はこちらを選択します。

App Storeのデベロッパ名は登録した個人名になります。

まずは個人で初めてみて、後からから組織用のアカウントに変更することもできます。

 

年間登録料:99 米ドル

 

組織として登録

法人用向けのアカウントです。法人としてApp Storeにリリースしたい場合はこちらを選択します。

App Storeのデベロッパ名は登録した法人名になります。

開発する同僚をメンバーとして招待し、役割を割り当てる事ができます。

登録にはD-U-N-S® Numberが必要になり、D-U-N-S® Numberの取得には1、2週間ほど時間がかかりますので、余裕を持って早めに登録を済ませるようにしましょう。

 

年間登録料:99 米ドル

 

Apple Developer Enterprise Program

社内で使用するような業務用アプリを開発する際に登録します。

App Storeに申請することなく従業員に配布することができます。

 

年間登録料:299 米ドル

 

それぞれの登録はこちらから↓

Apple Developer Program

Apple Developer Enterprise Program

 

弊社は、Apple Developer Enterprise Programで社内に配布する業務用のiOSアプリの開発経験もございますので、業務用のiOSアプリをお考えの方もお気軽にお問い合わせください。